本と出合える場所が、 こんなにも身近にあるというのはとても素敵で、ずっとあり続けて欲しいとも思います。

茅野市民館図書室です。

ヤフーニュースで出ていたのですが、
なんか見たことがあるなーと思って調べてみたら行ったことがあるところでした。

茅野駅に繋がっていたので、この図書館を通った時に
とても素敵な場所だと感動した記憶があります。

とくに郊外や田舎の方で、電車が来るまで待てるような場所が図書館だと良いですよね。
実際に東京に戻る際に電車を待つ時間をここで過ごしました。


画像を見た瞬間は、青い背表紙を集めたのかと思いましたが、
「ずらりと並ぶ本の背表紙が退色(日焼け)」と書かれており、
私が行った時には全く気になりませんでした。


本当に本のことが好きな方にはわかるんですね(>_<)
確かに普通の図書館って窓が少ないですもんね。
UVカットガラスやロールスクリーンを利用しても日差しの強さは予想以上だったということらしいです。

本を大切に保管することも大切ですが、本と出合える場所が、
こんなにも身近にあるというのはとても素敵で、ずっとあり続けて欲しいとも思います。

関連記事

PAGE TOP